Homoeopathy&green          ayazee diary

ayazee.exblog.jp ブログトップ

宝塚ガーデンⅡ

園内の植栽を見てビックリしたのは
植物の使い方、といいますか大胆さ。

日本人とイギリス人との違いなのか?個人差なのか、、、、?

素敵ーーーーー!!と思ったのは


風智草の地植え。
結構衝撃的でしたね、考えてみたこともなかった。。。。
大きくなったらどんどん号数の大きい鉢に植え替えていくものかと思ってた、、、
考えてみたら植物は最初は全部地植えなんじゃん!って気が付いたよ。
かなり遅いけど。
そして冬は全部地上部は枯れてしまうが、
どんどん大きく増えていくそうです。
いやーやってみたいです。
かなりのスペースがいりますが。

a0109615_181395.jpg

地植えの風智草です。
秋の紅葉の時期
黄金色になる風智草が風にそよぐ様子を想像すると
もう胸がざわざわします。
来年は絶対秋に行く!!


お次
カレックス
「綺麗、、、、」の一言。
いつも行く鉢物専門の市場では端の方に追いやられて
見向きもしなかったカレックス。
こおやって使うのねー。
毎年大きくなって7年でこんなになったそうです。
基本ポールはポット苗で植えるそうです。
園芸とは本当に根気です。
そしてどのくらい大きくなっていくのかをキチンと把握していないと
いけないということですね。

時々見かけるし私もやってしまうんだけど
自分の気持ちだけで植えちゃうことがある。
そおすると思いのほか大きくなりすぎて
結局抜く羽目になる。
植物にも負担だし時間もかかる。
やはり勉強と経験です。
先は長い。さぁ がんばろう!!

a0109615_18223045.jpg

美しいカレックス
これはゴールドの方。
実物はもっと素敵。

[PR]
by ayazee | 2010-09-06 18:23 |

Homoeopathy療法を取り入れたライフスタイルを提案しているayazee,,,そんなayazeeの日々の出来事や新しい情報などを公開しています。


by ayazee
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite