「ほっ」と。キャンペーン

Homoeopathy&green          ayazee diary

ayazee.exblog.jp ブログトップ

原産地Ⅱ

  

  「大陸西岸気候」
  ヨーロッパ大西洋岸、ニュージーランド南島、北アメリカ西北部、
  南アメリカ南部

  年間降水量は500-1000mm
  夏冷涼で(20℃)乾燥、冬温暖(4-8℃)降水量が日本より多い。
  
  パンジー、忘れな草、カンパニュラ類、プリムラ類



  日本でも馴染みの多い植物群が入っている
  大陸西岸気候。降水量は日本の半分~2/3程度と少ないのがポイント。
  夏の高温と多湿が問題ではあるけれども
  冬出回る植物が多い。
  日本では冬に降水量が減るからでしょう。

  寒さに耐える品種の改良が進んでいるので
  2、3℃でも枯れはしません。
  こjこ2、3日の寒さや少しくらいの雪には耐えてくれます。

  カンパニュラはキキョウ科
  夏場に湿度の多すぎるところにおいて置くと
  なくなっていることしばしばでした。
  カンパニュラの仲間のホタルブクロは冬上部は全て枯れますが
  地下部では根っこがいきてます。
  比較的湿度のある土でも大丈夫のような気がするが
  自然の環境は木陰が多いかも。今年は数株越冬させているので夏場にもう一度
  みずやりを加減してみようと思う。


  
 
[PR]
by ayazee | 2012-01-22 20:44 | ガーデニング

Homoeopathy療法を取り入れたライフスタイルを提案しているayazee,,,そんなayazeeの日々の出来事や新しい情報などを公開しています。


by ayazee
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite