Homoeopathy&green          ayazee diary

ayazee.exblog.jp ブログトップ

室内の観葉植物びついて、、、冬にむけて

先日、夏が終わり冬になる前に
いつも納品している医院の観葉植物を替えました。


夏の間にくたびれてしまった観葉を
冬に合うものに入れ替え。


冬に合う観葉なんてないのですが
室内、、特に医院や店舗のような
住宅以外の室内は窓が大きく造られていたり
湿度・温度が高めに設定されていて
冬場でも観葉植物がうまく育つ可能性が高いです。



水分管理が難しいのですが
大抵の場合与えすぎで枯らしてしまうことが多いようです。

夏場と違い冬は植物も代謝が落ちるので
土の乾燥が遅れます。
なので夏と同じ間隔で潅水すると根っこが濡れたままなので
枯死するのです。

適度な水分と適度な乾燥、酸素が大事です。


私は自宅の観葉植物は夏は屋外に出し
10月の終わり頃に室内に入れ
潅水は月に2回程たっぷり与えます。

あくまでも各環境にあったペースを
つかむことが大切です。



a0109615_21424382.jpg

大きい観葉はアルテシマ。
手前の寄せ植えはセロームをメインに



a0109615_21433499.jpg

こちらは底に穴が空いていない
器なので小さい苗を入れて頻繁に
入れ替えています。



a0109615_21444522.jpg

ガラス器。
軽石に土を少したして植えつけてますが
こちらも底がむけていません。
水分が多いほうが良いシダをメインにして
その他の植物は2-3ヶ月に1度入れ替えてます。
[PR]
by ayazee | 2013-11-07 21:52 | ガーデニング

Homoeopathy療法を取り入れたライフスタイルを提案しているayazee,,,そんなayazeeの日々の出来事や新しい情報などを公開しています。


by ayazee
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite