Homoeopathy&green          ayazee diary

ayazee.exblog.jp ブログトップ

治っていく順序

 
  ホメオパシーには 「治癒の方向性」 というのがあります。


  まず 心から体へ

  体の症状としては 重くなっていても 精神的に元気になっていればOK
  たとえば アトピーがひどくなっていても 気持ちが明るくなっていたり
  心が軽くなっていたりする

  これ いい兆候 アトピーがそのうちよくなっていくな ということ。

  次に 重要な臓器から重要でない臓器へ

  これは内臓などの問題から 皮膚や開口部(口 鼻 喉 耳 肛門など)の症状へ
  移動していくこと。
  たとえば 黄疸がなくなって 耳垂れがダラダラでるようになった とか

  よしよし いい感じ となる。

  次に 中心から末梢へ

  たとえば 腹部に出ていた発疹が手足に移動した てな感じ。
  逆に 手足に出ていた発疹が胸のあたりに移ったとなると
  こりゃ レメディーを変えないとだめかな てな感じになる。

  そして 逆順序

  これは 最近にかかった病気から順次昔の病気がもう1回現れること
  最近抑圧したものから次々と抑圧の蓋をとっていくので
  もう1回抑圧した病気にかかる ということ。

  たとえば インフルエンザにかかった タミフルとった という場合
  抑圧がとれれば もう1回インフルエンザにかかる。
  この時はレメディーで乗り切る。 
  そうやってきっちりかかってきっちり治っていくのです。


  こんな感じで治っていくので
  好転反応が出たときなどは このあたりのことを念頭において
  色々質問して対処していきます。

  治癒の方向性にのっとって症状が動いていれば 
  そのまま同じレメディーを続けて
  押し出し続ければ おのずと治っていきます。

  
  私 レメディーが大ヒットして 体中に発疹が出たことがあるのですが
  最後は手足の皮がベロベロ向けて終わりました。
  どこまでむけ続けるのかしら?? とかなり不安になるくらい
  威勢良くむけ続けたのですが 手首・足首の所でピタッととまりました。

  中心から末梢へ という 「治癒の方向性」 そのままでしたね~

  体は毒を末端へ末端へともっていくのです。
  再生能力の強い所へと持っていくのです。
  
  

  だから 末端に出ているものを抑圧すると
  毒を出すところがなくなって 中へ中へと入っていくしかなくなっていくのです。
  こうやって より重い内臓系の病気へと発展していくのです。

  体 て シンプルでストレートですよね。

  なので 体の出すサインはしっかりキャッチしていかないとね。

[PR]
by ayazee | 2008-04-16 20:45 | Homoeopathy

Homoeopathy療法を取り入れたライフスタイルを提案しているayazee,,,そんなayazeeの日々の出来事や新しい情報などを公開しています。


by ayazee
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite