「ほっ」と。キャンペーン

Homoeopathy&green          ayazee diary

ayazee.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:ガーデニング( 128 )

芝貼りしました。

この時期はよいですね
a0109615_7272482.jpg




a0109615_7274546.jpg

[PR]
by ayazee | 2012-04-10 07:27 | ガーデニング

トレリス

ちょっと素敵なトレリスを納品しました。

なかなか斜めの格子のものが多いのですが
ベンチタイプで収納もOKです。

色はレッドシダーだったのですが
塗りました。

白壁に映えて綺麗です。
蔓の植物はモッコウ薔薇です。
淡い黄色いお花が早く満開になるといいですね。



a0109615_19583721.jpg

[PR]
by ayazee | 2012-03-13 19:58 | ガーデニング

観葉植物 ハンギング

今回は室内の観葉植物を紹介します。
しかも ハンギングタイプです。
ものによっては屋外もOKなものもあります。

旺盛にして葉を楽しみましょう。



1、エスキナンサス
  Aschynamthus/イワタバコ科/熱帯アジア・ニューギニア原産
a0109615_1619742.jpg


お花はこんな感じです。
a0109615_19161740.jpg




樹上や岩の表面に根を張り付かせて
生活する寄生植物。常緑。
蔓性のものと茎を直立させるもの、
低木のものもある。

春から秋にかけて開花。
開花のこつは真夏以外は良く
日光にあてること。
真夏の直射は葉が焼けてしまうので
明るい日陰の戸外に出しておく。
年間を通して10℃以上の環境が
好ましい。秋、夜間の気温が10℃を
下回るようになったら室内に入れ時。

真冬は5℃以下になると
枯死する可能性があるので
根を暖かくして守る。
上部の葉がかれることがあっても
株が生きていればまた春に
新芽が出てきます。

もともと寄生植物なので
あまり水分は多くない方が良い
空気中の湿度の方を好みます。
真冬の室内は乾燥するので
霧吹きなどで水分を補って。

真冬以外の潅水は土が乾いたら
さらに2-3日待ってから
たっぷりと。
鉢皿を付けている場合は
皿にお水が溜まっているのは
タブーです。

出来るだけ乾燥した根を保つ。


水遣りと日光の当て方を
マスターすれば素敵なハンギングの観葉植物に
なります。
[PR]
by ayazee | 2012-03-05 16:21 | ガーデニング

テラコッタ

こんな素敵なテラコッタを発見

a0109615_10341310.jpg

イタリア製です。



足もとがまた素敵。
a0109615_1034564.jpg

爪まである。




これもちょこっと庭先にあったら
素敵。
a0109615_10354365.jpg

[PR]
by ayazee | 2012-03-02 10:35 | ガーデニング

寒さ

寒い寒い2月

日本って暑いときって
あるのかしら???

と、夏をすっかり忘れてしまった私です。


さて去年の今頃は咲いていた
クリスマスローズも
今年は
a0109615_20482011.jpg

まだまだ蕾です。

あー梅は咲いたか~桜はまだかいな
どころではないですよね
梅すら咲いてない。

梅と桜が一緒だったら
楽しいですね。

なので
薔薇の植え付けが
まだできるかな??
なんて思って
新しい苗買ってしまおうかな。
[PR]
by ayazee | 2012-02-21 20:51 | ガーデニング例

薔薇

薔薇の植え替え・堆肥のすきこみ作業の季節です。


込み合った蔓を整理して、
古い枝をはらいまます。
元気のいい新しい黄緑色の枝は
若く軟らかいので注意して扱います。


大きくなった10年ものの 薔薇です。
a0109615_10184346.jpg

外壁に覆うように蔓が伸びています。
満開の頃はとっても綺麗です。
枝が伸び大きくなっていますが
植えてある株は2株です。





根に堆肥と有機の肥料をすきこみ
根切りをして細かい枝をはらって
新樟を綺麗に誘引します。
a0109615_10224935.jpg

5月の頃また続報をお知らせいたします。







今度は植え替え
この季節が最適の植え替え期です。
寒い時は薔薇は眠っています。
でも少しずつ起き始めているようで
節々の新芽が大きくなり始めています。
a0109615_10253352.jpg

そっと大きく周りから掘って
株を出します。




a0109615_10262266.jpg

以前よりも日当たりの良い場所に移動しました。
壁側にアイアンのラティスを置いて
這わせる予定です。
堆肥の上に腐葉土をかけて
寒さからまもります。



今年は寒い冬になったので
この時期のお花の植え込みは
ちょっと怖いです。
先日はチューリップがお辞儀してしまいました。
かわりにエリカを入れました。

案外丈夫なのは
アリッサムやハナカンザシ。
咲いて売っている球根類は
温室で咲かせているものが多いので
しばらくは室内のほうがいいかもいしれません。



まだまだ春は遠いのでしょうか???
[PR]
by ayazee | 2012-02-14 10:31 | ガーデニング

常緑樹

お庭に置く樹で
よくたのまれるもので「常緑樹」があります。


常緑で寒さ暑さに強くて洋風
今回のお題はこんな感じです。

候補に上げたのが以下の植物。


ウエストリンギア
a0109615_20391277.jpg

オーストラリアンローズマリー
と、言うだけあってとっても丈夫だし、強い日差し、水切れにもOk。
葉の色も淡い緑色で申し分なし。
お庭を明るくしてくれます。
お花の色は淡い紫です。





月桂樹
a0109615_20415888.jpg

お料理にも使えるし、丈夫で長持ち。
ただ樹形はほっとくとすーっと上に上に伸びていきたい人なので
丸くとかトピアリー風になどお好みがある場合は
まめに手を入れてあげないといけません。
葉が旺盛になり込み合ってくると葉にうどん粉がつくので
葉水をしてあげるもしくは風通しが良くなるように
剪定する。
葉の色は濃い緑。触ると良い香りが庭中を満たします。





ブルーアイス
a0109615_20462554.jpg

糸杉の仲間ですがとっても丈夫で大きくなります。
剪定のやり方を工夫すれば素敵な樹形を維持できます。
私は葉が込まないように透かし気味にして
少し大きめに見えるようにするのがすきです。
こんもりさせたい場合は先端を切りつめて
わき芽が沢山でるようにするといいです。
切るなら晩秋にしてリースを作るといいですね。




ニューサイラン・バリエガータ
a0109615_20502077.jpg

花壇にすると枯れてしまうこともありますが
単独で鉢植えにするならお勧めします。
見栄えもする形なのでスペースがとれるところに置くといいです。




金木犀
a0109615_2053299.jpg

和風なイメージもありますが
結構洋風なお庭にも合います。
必ず咲いてくれるお花は秋の端境期なので
お庭のアクセントにもなります。
大きさや仕立て方でどんな形にもなってくれます。




この中から決まるといいのですが
駄目だしが出ますと
振り出しに戻るです。
またそれも楽しい楽しい。
[PR]
by ayazee | 2012-02-11 20:57 | ガーデニング

原産地Ⅳ


   「熱帯気候」
  
   アフリカ大陸中部・ユーラシア大陸南部
   オーストラリア北部・北アメリカ南部
   南アメリカ東北部


   年間を通じて高温
   年間雨量の多い熱帯雨林地域や
   雨季と乾期が存在し森林や草原を形成する。



   植物
   クルクマ・ジンジャー・アサガオ
   インパチェンス・ケイトウ・コリウス
   クロトン・デンドロビウム・バンダ
   アレカヤシ・コスモス・アナナス


   人気の植物が多く含まれていますね
   日本でも馴染みの多い植物たちです。
   熱帯の植物なので色鮮やかなのが特徴ですね。
  
   夏に出回る植物たちですが
   改良されて比較的寒くなるまで楽しめる植物
   もあります。コリウスなどは10月頃まで綺麗です。
   秋のお花コスモスなどもこの気候が原産なのは
   面白いですね。
   気温が高くないと発芽しないからなのでしょうか。
   


   「砂漠気候」
    
    南アフリカ北部・中東・北アメリカ中南部
    南アメリカ

    大陸の内部に存在する乾燥気候

    植物
    アロエ・カランコエ・マツバギク・サボテン類


    この気候に属する植物は結構人気があるのでは?
    花屋にいたときにサボテンを結構売りました。
    私は痛いのであまり好んで仕入れてはいませんでしたが、、、
    アロエは外にあっても元気に冬越してくれますが
    ハシラサボテンのように室内鑑賞用で出回っているものは
    八丈島などから来ていますから、越冬が難しく
    個人宅の方は枯らしてしまうことが多いようです。
    比較的暖かい店舗などのような場所では
    うまくいくこともあるようですが
    冬場にお水を与えてしまっては置き場所を
    いくら工夫してもだめでしょう。
    カランコエなどは年間を通じて流通していますが
    今の季節のカランコエは見ているこちらが
    つらくなってしまします。
    暖かい地域の植物は冬に購入した場合は気温が
    安定するまでは必ず室内で待っていてあげる
    いいと思います。
    だいたい桜の散る頃になると
    暖かさも安定しますので、外に植えるなり
    プランターで楽しむなり良く日の当たる
    場所でお花を咲かせると良いでしょう。



     



   


         
[PR]
by ayazee | 2012-02-03 19:56 | ガーデニング

原産地Ⅲ

  

  「熱帯高地気候」
   アンデス山系、中国西南部、ヒマラヤ山麓、
   メキシコ高原、ロッキー山系

   熱帯、亜熱帯の高地
   年間を通じて15-20℃位と温度差が少ない
   降水量は年間を通じ多いところと乾期の
   存在するところがある。

   植物
   球根ベコニア・ダリア・プリムラ類
   ポインセチア・ブバルディア・フクシア・セキチク
   ナスタチウム

   
   当たり前ですが、寒さに弱い植物が多いですね。
   ですが、プリムラ類は最近は改良されていて
   比較的寒さ暑さに強いものが多くなってきました。
   私はなんだかこの植物群が苦手で良く枯らしてしまします。
   気温とお水やりのタイミングが合わないのでしょう。
   球根ベコニアをうまく育ててみたいのですが、、、、
   今年こそは頑張ってみようと、、、、。

   寒いなーと思ったら早めに室内ですね。


   日本の冬は寒いのです。
[PR]
by ayazee | 2012-02-02 21:35 | ガーデニング

原産地Ⅱ

  

  「大陸西岸気候」
  ヨーロッパ大西洋岸、ニュージーランド南島、北アメリカ西北部、
  南アメリカ南部

  年間降水量は500-1000mm
  夏冷涼で(20℃)乾燥、冬温暖(4-8℃)降水量が日本より多い。
  
  パンジー、忘れな草、カンパニュラ類、プリムラ類



  日本でも馴染みの多い植物群が入っている
  大陸西岸気候。降水量は日本の半分~2/3程度と少ないのがポイント。
  夏の高温と多湿が問題ではあるけれども
  冬出回る植物が多い。
  日本では冬に降水量が減るからでしょう。

  寒さに耐える品種の改良が進んでいるので
  2、3℃でも枯れはしません。
  こjこ2、3日の寒さや少しくらいの雪には耐えてくれます。

  カンパニュラはキキョウ科
  夏場に湿度の多すぎるところにおいて置くと
  なくなっていることしばしばでした。
  カンパニュラの仲間のホタルブクロは冬上部は全て枯れますが
  地下部では根っこがいきてます。
  比較的湿度のある土でも大丈夫のような気がするが
  自然の環境は木陰が多いかも。今年は数株越冬させているので夏場にもう一度
  みずやりを加減してみようと思う。


  
 
[PR]
by ayazee | 2012-01-22 20:44 | ガーデニング

Homoeopathy療法を取り入れたライフスタイルを提案しているayazee,,,そんなayazeeの日々の出来事や新しい情報などを公開しています。


by ayazee
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite