Homoeopathy&green          ayazee diary

ayazee.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:旅( 43 )

ちょっぴり遠出

a0109615_21282844.jpg



東京から小一時間で
ちょっと遠出です。


夕方の海辺のCafeで友達とのんびりおしゃべり。


たまにはいいものです。
[PR]
by ayazee | 2011-09-17 21:30 |

ガーデニングレクチャー

ポールスミザーさんのガーデニングレクチャーに参加してきました。

軽井沢のムーゼの森にある「ピクチャーレスガーデン」
とっても清々しく気持ちの良い場所でした。

ガーデンは宝塚とは育つ植栽が違うせいか
少し感じが違います。

大人っぽいなー
と、いうのが私の感想。

落ち着いていて
ナチュラル感たっぷりです。


レクチャーはガーデンデザインの話でした。
大きなお庭や花壇のデザインまで
納得のいく1時間半でした。
ポールさんはとてもお話が
上手で、笑いを交えながらの
講習会はまるできみまろさんの漫談のようです。
(3分に一回は大爆笑です)


最近は忙しく
八ヶ岳のスクールもお休みのようです。
出来るだけ早く復活して欲しいです。


本の内容よりも
進化したガーデンニング理論でした。



a0109615_20305725.jpg

ポールさんのイラストの入ったエントランスの看板




a0109615_20314238.jpg

グランドカバー的に使ったクレマチスに
感動しました。
つる性植物は上らせることしか考えてなかった。




a0109615_2033876.jpg

日陰に考えつくされて配置。
こんなにまっすぐ上がり、綺麗な斑が入ってるのも
にくいです。完璧。




a0109615_20344166.jpg

a0109615_20345524.jpg

a0109615_20351274.jpg

全体的にはこんな雰囲気です。
お花の時期ではなかったのですが
緑が旺盛で綺麗な濃淡が楽しめます。




a0109615_20364453.jpg

おもちゃ博物館の前の部分。
ポールさんらしい植栽です。
[PR]
by ayazee | 2011-07-18 20:37 |

湧き水の旅 第2弾

掛川に行ってきました。

品川からこだまに乗って
どんぶらこどんぶらこ~

1H35min
くらいで着きます。
静岡あたりから茶畑が沢山でなんか
いい感じです。

湧き水探しといて

との要望でせっせと
友人に探していただきまして
いざ。

「山中の名水」へ
ねむの木村の中にありました。

とっても空気の綺麗な
清々しいところです。
途中に紫陽花が沢山咲いていたりして
a0109615_20171455.jpg





川も流れていたりして
ここは蛍の夕べが楽しめるそう。
a0109615_20184018.jpg

a0109615_2019570.jpg





これが名水
a0109615_20194581.jpg

ちょろちょろちょろっと
出でました。
汲むのはあせらずのんびり


となりにあった
小坊主さんを見たり
a0109615_20212057.jpg




ユキノシタが咲いてるのを
見たり
a0109615_20241314.jpg




ちょっと冷たくて美味しいお水でした。
a0109615_20253855.jpg





ついでに
友人が作ってくれた
くるみのおはぎはとっても
美味でした。
リフレッシュな休日でした。


a0109615_2027879.jpg

[PR]
by ayazee | 2011-06-20 20:22 |

aso

a0109615_21563054.jpg


阿蘇で白川水源に行ってきました。
入り口はなんだか 「へ?ここ??」
みたいにそっけないのですが、神社に続く参道は
とっても清々しく、素敵な所です。

a0109615_21595738.jpg

木漏れ日が差す川沿いの道々には
綺麗なお花が咲いています。



a0109615_2211777.jpg

つつじ


a0109615_2214729.jpg

山吹



水源は神社に中にあります。
100円を払って中に入ります。
お水は汲み放題です。
a0109615_2261352.jpg





a0109615_22371.jpg

こんなに綺麗なお水がこんこんと沸いています。



a0109615_2231939.jpg

阿蘇は水源がいたるところにあります。
お水が綺麗なところは植物も
本当にきれいです。
土・水ってとっても大切なのですね。

空気も澄んでで体の中から浄化できたようです。
お水は
「水ってこんなにも甘いの??」
ってゆーくらい美味しかった。

かんばって5Lほど汲んで
宅急便で送ったのだけど
もうそれほど美味しくはなかった(もちろん店で売ってる水よりは数段美味しいけど、、、)

やっぱりその土地で口にしないとね。
日本にも沢山行ってみたい所があります。

一度阿蘇の湧き水を。
お勧めです。

[PR]
by ayazee | 2011-05-21 22:12 |

beppu

a0109615_22343673.jpg

先日別府に行ってきました。
地獄めぐりをしました。

温泉に浸かってるかばがいました。

「お~気持ちよかー」(かば)

つづく。

[PR]
by ayazee | 2011-05-04 22:35 |

梯子のり

a0109615_16273442.jpg
昨日の成人の日に池上本門寺で梯子乗りが行われました。

地元の大森鳶の方々による伝統の技を堪能です。
今この時代に江戸時代からちゃくちゃくと受け継がれているなんて
すごいです。
若い衆の方々はこの日のために1年間猛練習するそうです。


かっこいい。

お天気もよく(ちょっと寒かった)気持ちの良い青空に
この大技です。
[PR]
by ayazee | 2011-01-11 16:25 |

魚釣り

生まれて初めて魚釣りをしてみました。

ら、鯛とふぐが釣れました。
結構面白いのでまたやってみようかなー。

アウトドアで遊ぶのは楽しいですねー
もうすぐ紅葉ですしね。

日本の四季を楽しむのもいいものですね。

おでんとか?栗とか?ん?これは味覚?




a0109615_19595667.jpg

ふぐ



a0109615_2003763.jpg


[PR]
by ayazee | 2010-09-24 20:01 |

宝塚ガーデンⅢ

今日は久々雨。いいですねー雨。
ぜんぜん降んなかったですね-雨。
傘のさし方覚えてますか?みなさん。


さて 宝塚ガーデンシリーズ第三弾です。

今回はスモークツリー。
ケムリノキ。

煙のようなお花を咲かせるので人気のある樹です。
特に切花として多く流通しています。
夏の定番ですね。

ポールはこういった常緑でない樹を強くきり戻し(コピシング)して毎年
新樟を出させて綺麗な葉を楽しみます。
特にこのスモークツリーの赤葉は緑のガーデンの中にあるとぐっと引き締まります。
強くきり戻すのでお花は着きません。
お花を楽しみたい時はそのままきり戻さないでおくと
翌年煙の樹が楽しめます。

私もポールの園芸テクを学ぶ前は
きり戻すことは怖くてできなかったのですが、
きり戻すことによって綺麗な新樟を出させることが大事なのがわかった。

丸葉ユーカリなどは
大きくなってくると葉が丸ではなくどんどん楕円形になってくる。
こおなるとせっかくのかわいい丸葉はだいなし。
と、いうことで私もおっかなびっくりコピシングしてみましたよー。
そしたらキチンと新芽が出てきて今はかわいい丸い葉を
しげらせています。

バラなどにしても
新樟を伸ばしていかないと虫や病気の温床になってします。
更新していくことが大事です。




a0109615_11543150.jpg

コピシングされて元気良く伸びたスモークツリー
アガパンサスと合ってますねー。

[PR]
by ayazee | 2010-09-08 12:01 |

宝塚ガーデンⅡ

園内の植栽を見てビックリしたのは
植物の使い方、といいますか大胆さ。

日本人とイギリス人との違いなのか?個人差なのか、、、、?

素敵ーーーーー!!と思ったのは


風智草の地植え。
結構衝撃的でしたね、考えてみたこともなかった。。。。
大きくなったらどんどん号数の大きい鉢に植え替えていくものかと思ってた、、、
考えてみたら植物は最初は全部地植えなんじゃん!って気が付いたよ。
かなり遅いけど。
そして冬は全部地上部は枯れてしまうが、
どんどん大きく増えていくそうです。
いやーやってみたいです。
かなりのスペースがいりますが。

a0109615_181395.jpg

地植えの風智草です。
秋の紅葉の時期
黄金色になる風智草が風にそよぐ様子を想像すると
もう胸がざわざわします。
来年は絶対秋に行く!!


お次
カレックス
「綺麗、、、、」の一言。
いつも行く鉢物専門の市場では端の方に追いやられて
見向きもしなかったカレックス。
こおやって使うのねー。
毎年大きくなって7年でこんなになったそうです。
基本ポールはポット苗で植えるそうです。
園芸とは本当に根気です。
そしてどのくらい大きくなっていくのかをキチンと把握していないと
いけないということですね。

時々見かけるし私もやってしまうんだけど
自分の気持ちだけで植えちゃうことがある。
そおすると思いのほか大きくなりすぎて
結局抜く羽目になる。
植物にも負担だし時間もかかる。
やはり勉強と経験です。
先は長い。さぁ がんばろう!!

a0109615_18223045.jpg

美しいカレックス
これはゴールドの方。
実物はもっと素敵。

[PR]
by ayazee | 2010-09-06 18:23 |

宝塚ガーデン

久々の登場 園芸部です。

さぼっていたわけではなく、今年は本当に忙しく体ぼろぼろ。
足げく整体、マッサージ、針にかよってお仕事でした。
右腕と右手の指が太くなりました。


さて、忙しくともきちんと夏休みはとってました。
大大大好きなガーデナーさん ポール・スミザーさんのお庭
宝塚にあるガーデンSeasonsにいってきました。

完全無農薬、有機肥料のみでお庭を造っているポールの園芸をこの目で!!
というのと、日本の庭園との剪定の違いを直に見てみたい!!
DVDではさんざ見まくっているのだけど立体になっているものをみないとやはり
話になりません。

と、いうことで いざ神戸へ


7月の半ばの神戸は雨の心配はあったもののもうすでに猛暑で
雨合羽や雨に備えてタオルやらなんやら持ってすごい大荷物で汗だくで到着。
駅前のホテルに荷物を預けていざ。SEASONS。

なにやら沢山の人で
「あーこんなにポールのお庭は人気なんだね」
とおもいつつ歩みを速めて行くうちになにやら違う空気、、、、

むむむ、、、女の人(なかには明らかに髭の後の残る女装の方??)ばかり、、、?
なんで??

と思いあたりを見回すと、、、なるほどね。
ここは宝塚なわけですよ、塚乙女なわけ(実際に「塚乙女」なる甘味屋さんがありました。)
歌劇の入り口でさっきまで回りにいた人々はいなくなりました。ははは


そして一人ガーデンにたどり着いた私です。


さて、ガーデンです。
このSEASONSを造る過程が1冊の本になってまして
その本で見ていたもみじが入り口から見えています。
自然樹形に戻したもみじはボリュームがありとっても存在感があります。
ポールは基本的に自然樹形を大切に剪定を行うので、
ひとつひとつの樹がのびのびとしています。

日本の庭園の樹の剪定の仕方はどちかかというと丸くとか四角くとかきちっとしています。
でも綺麗に剪定されている寺院のお庭などは本当に美しいと思います。

好き嫌いの問題なのですが、私は自然樹形の樹に魅力を感じます。
ひとつひとつの樹自体にも存在感はあるのですが、
まとまって見た時の調和がいいのです。
その樹自体をクローズアップしてみても自然な美しさはあるのですが、
ナチュラルガーデンの大きな絵画のような空間では
自然樹形の美は最高です。
どこを切り取っても絵になるし、細部でさえ もう完璧です。

ガーデンに入った瞬間から感動で胸が震えました。
こんなすばらしいお庭があるのです。

あぁ ガーデナーとはこうなのです。
すごいです。ポールスミザー。

これから数回にわたってご紹介していきます。



a0109615_21262823.jpg

自然樹形に戻されたもみじ。
どーんとしてておおらかな存在感です。



a0109615_2128568.jpg

エントランスを入ってすぐ蓮池が出迎えてくれます。
遊園地時代からあった池だそうです。
深さはあまりない。
このくらい大きい池があるとガーデンも一層いい雰囲気になるのですね。
この時は蓮が綺麗に咲いてました。
夏の醍醐味ですねー。



a0109615_21324297.jpg

蓮のお花です。
肥料は骨粉と油粕でお団子を作って根元の部分に埋め込むそうです。
DVDでみて目からうろこだったのですが、スタッフの方でそれを作ってらっしゃる方とお話が
出来ましたら、乾かすのに3ヶ月はかかるとのこと。(ちなみに肥料玉は野球ボール大です)
硬すぎても柔らかすぎてもだめだそうで、結構難しいらしいです。うーん 納得納得。




では 続きは次回。
Coming soon!

[PR]
by ayazee | 2010-09-05 21:37 |

Homoeopathy療法を取り入れたライフスタイルを提案しているayazee,,,そんなayazeeの日々の出来事や新しい情報などを公開しています。


by ayazee
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite